ホーム > よこはま国際協力賞

よこはま国際協力賞

award

第1回よこはま国際協力賞

 2011年2月12日、ハマオクの収益は「よこはま国際協力賞」として、
Habitat for Humanityの日本学生支部として明治学院大学で活動している
NGO、「ハビタットMGU」に20万円を贈呈しました。

受賞団体ハビタットMGUからのメッセージ

ハビタットMGU:貧困住居問題の改善に取り組んでいる明治学院大学生の団体

◆使用用途
・フィリピンプロジェクトの運営費
まだ、助成金未使用です。なので、過去の活動費についての資料を同封させて頂きます。 予定としましては、現地で使用するビデオカメラの購入費にあてようと思っています。私たちの活動をより多くの人に知ってもらうために、映像という視覚的効果がより効果的だと思うからです。

◆良かったこと
プロジェクトが3年目に突入しました。今年は、モデルとのコラボ商品や現地大学との提携など、幅広く活動を行うようになりました。そのため、資金源が必要なことはもちろん、他者からの活動の批評が大変重要なことだと思っています。発表会の際に、アドバイスを頂いたことに大変感謝しております。また、助成金を頂き活動運営が更に幅広くなりました。

◆横浜NGO連絡会について
チャリティオークションなど大変素晴らしい活動をされ、私たちの見本にさせて
頂いております。今後もさらに横浜という場で、NGOのかけ橋のような存在になって
ほしいと思っています。私情ではありますが、3月に宮城県庁の災害支援ボランティア
として活動した際に、NGOをまとめるNGOが必要かつ大事であるという現状を目に
しました。横浜を拠点におく横浜NGO連絡会の役割はとても重要であり必要なことだと、
個人的にではありますが、とても強く思っています。今後の活動に期待しております。
                        (武井 秋絵氏 2011年9月)

受賞団体ハビタットMGUの活動

全体ミーティングの様子


クロスステッチのミーティングの様子


子供たちへのワークショップの様子


【資料のダウンロード】

●ハビタットMGU 団体活動実績報告書(PDF、362KB) [⇒ダウンロード]