ホーム > よこはま国際協力賞

よこはま国際協力賞

award

第2回よこはま国際協力賞の受賞団体が決定

特定非営利活動法人 イランの障害者を支援するミントの会

よこはま国際協力賞」選考委員から表彰状を贈呈されました。


2月12日にJICA横浜において第2回よこはま国際協力賞の表彰式を開催し、
「イランの障害者を支援するミントの会」が受賞団体として表彰され、
副賞として10万円が贈呈されました。

影山摩子弥選考委員長からは、「イラン」と「障害者」ターゲットに絞り、
わかりやすく共感を得ることができる、活動にが見えやすく成果やターゲ
ットがはっきりしている、かなりハードルが高い日本財団からの助成金も
受けている等が受賞の理由として挙げられ、高く評価されました。
代表パシャイ モハメド氏からは、2006年から活動を始め、多くの支援
の輪が広がり感謝していると同時に、日本では近年、ようやくバリアフリー
になってきたが、イランや多くの国ではその対応が遅れ障害者への支援
が必要との挨拶がありました。>
これからも、イランと日本との懸け橋として活動されることを期待します。

よこはま国際フォーラム2012会場 1Fギャラリーにおいて
  代表 パシャイ モハメッド氏



★受賞団体「イランの障害者を支援するミントの会」からのメッセージ★

このたびは、第2回 よこはま国際協力賞という大変名誉な賞をいただきまして、
誠にありがとうございました。ご支援くださいました皆さまに心より御礼申し
上げます。ミントの会は、イランの障害者の人たちが自立した生活を送ること
ができるように、車いすやベッドの寄贈と共に、両国の障害当事者・専門家
の国際交流をおこなってきました。ミントの会が活動している地域はキャラジ州で、
首都テヘランの西に位置しています。丁度東京に隣接している横浜市のような
ところで、イランの中では緑にあふれたところです。イランの遠く離れた横浜の
人たちの優しさが、イランの障害者に伝わるようにし、、この賞の栄誉に恥じぬ
よう、これからもイランと日本の懸け橋となることを目指してより一層頑張りたい
と思います。

 

受賞団体 イランの障害者を支援するミントの会の活動

 
◆活動概要
 日本から車いすや介護ベッドなどの福祉機器をイランに届け、イランの
 障害者の生活の質の向上を勧めます。また、日本の看護やリハビリ・バリア
 フリーの技術を伝えるために、専門家の交流や研修会の開催及び、ガイド
 ブック・DVDを配布して、イランの障害者の自立を勧めます。さらに、
 日本とイランの交流を図ります。
◆団体設立: 2006年4月1日   法人格取得 2010年1月21日
◆国内での活動
    車いす、介護ベッドなどの収集
    イランの専門家、協力者の日本での研修
    広報活動
◆イランでの活動
    障害者訪問活動
    現地NGOと協力した福祉機器の提供
    研修活動
【資料のダウンロード】

⇒平成22年度事業報告書 [⇒ダウンロード]

◆連絡先:
  〒259-1317 秦野市並木町4-20 ドリームタウン湘南
    TEL: 080-3496-3423     FAX:0463-88-6964  
    E-mail mint_assist@yahoo.co.jp
    URL  http://www.mint-assist.com/indexjapan.html

NGOテヘラン脊損協会で研修会開催
日本のリハビリやバリアフリーを伝えました。
参加した障害者たちは一緒になって体を動かしています。


イランの障害者の自宅訪問を行い、
ミントの会が届けたガイドブックを見ながら、
ピアカウンセラーや看護師が相談に乗っています。


日本で集めた車いすをコンテナいっぱいに詰めて
イランの障害者に届けます。
電動車いすや子供用の車いすなど喜ばれています。